庭園想楽第一回演奏会のご案内

3月30日(火)19時より日本ルーテル東京教会にて、庭園想楽第一回演奏会を行います。これまでオンラインでベートーヴェンとフェティスのレクチャーを行ってきたことから、今回は、19世紀初頭にタイムスリップして、フェティスの日本初演を含む、当時プログラムされた(かもしれない)コンサート、というものを企画してみました。また、メンバーの星谷丈生、渡辺俊哉が、これらの曲も、当時は現代の音楽だったということを鑑み、今の時代の耳で捉えた、異化された編曲を行います。また、ゲスト演奏家に、ヴァイオリンの石上真由子氏、チェロの荒井結氏をお迎えします。18時45分から、フェティスのレクチャーをして頂いた大迫知佳子先生を交えて、お話もあります。

どうぞ、よろしくお願い致します。



日時 2021年3月30日(火) 19:00開演(18:45〜大迫先生によるプレトーク)


場所 日本ルーテル東京教会


演目・出演者については以下のチラシをご参照ください。


庭園想楽

庭園想楽は、日本庭園の精神である不易流行の思想から着想した、未来につながる音楽を創造するために様々な事柄を学ぶための場です。 過去の音楽芸術の研究や、作品の制作、演奏実践等を通して今日の音楽の在り方について問い直していきたいと思います。 また「庭園想楽」に関わる人々が、それぞれの視点から音楽やその他の芸術に関わる美について考え、議論を通して新しい世界を生み出すことを目的としています。