メンバー紹介

代表 

渡辺俊哉(わたなべ としや)

作曲家。1974年東京生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。同大学大学院修士課程作曲専攻修了。1999年度武満徹作曲賞第3位入賞(審査員:ルチアーノ・ベリオ)。第24回入野賞佳作(室内楽)。武生作曲賞2003入選。第14回芥川作曲賞ノミネート、「クロノイ・プロトイ第5回作品展〜弦楽四重奏の可能性」(渡辺俊哉プロデュース)において、第9回佐治敬三賞受賞(サントリー芸術財団)など。ミュージック・フロム・ジャパン(2012)、HIROSHIMA HAPPY NEW EAR XIV 次世代の作曲家たちIII (2013) など様々な団体や個人から委嘱を受けている。2013年にはタンブッコ・パーカッション・アンサンブルより、レジデンス・コンポーザーとしてメキシコへ招聘され、新曲が彼らによって初演された。2014年には、カナダの弦楽四重奏団、ボッツィーニ・クァルテット来日公演の実行委員の1人として第1日目のコンサート、「ケージ ー その先へ」をプロデュースした。現在、国立音楽大学准教授、東京藝術大学、明治学院大学各講師。

プロデューサー 

星谷丈生(ほしや たけお) 

作曲家。東京藝術大学作曲科及び、博士課程音楽領域研究科修了、博士号取得。多久潤一朗、多井智紀らとともに、室内アンサンブル「アンサンブル・ボワ」を結成し、2000年代には多くの新しい音楽を紹介した。主な活動として2005年アンサンブル・ノマド英国公演に参加、2007年サルヴァトーレ・マルティラーノ賞第1位、2010年武生国際音楽祭招待作曲家、2011年ロワイヨモンセミナー(フランス)参加、2013年テグ国際音楽祭招待作曲家、2014年カフェ・ブダペスト(ハンガリー)参加、2017年、日加現代音楽交流プロジェクト参加、2019年Ongaku Festival (Toronto)、2020年Music from Japan など。作曲家グループPath同人。2010年よりチェリストの多井智紀とともに企画団体「時の形プロジェクト」を開始し演奏家やCD製作等を行っている。またクラリネット奏者の菊地秀夫とともに、音楽ユニット「オフィスでく」を結成し活動している。現在、福井大学教育学部准教授。1979年生まれ。福井市在住。

企画・ディレクター

石川星太郎(いしかわ せいたろう)

指揮者。東京藝術大学音楽学部指揮科、ロベルト・シューマン音楽大学デュッセルドルフ指揮科、同大学院指揮卒業。藝大卒業時にアカンサス音楽賞受賞。2015年国際リヒャルト・ワーグナー協会奨学生。2016年第1回フェリックス・メンデルスゾーン国際指揮者コンクール第2位。国内ではこれまでに仙台フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、広島交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、神戸市室内合奏団、海外ではドイツ、スイス、ギリシャ、ルーマニア、韓国などのオーケストラと共演。2018年にはハンブルク州立歌劇場にてペーター・ルジツカの新作「ベンヤミン」の副指揮を務め世界初演の成功に貢献。

ジャパン・アーツ協力アーティスト。

企画
尾池亜美(おいけ あみ)

東京藝術大学音楽学部附属高校、同大学を卒業後、渡欧。スイス・ローザンヌ高等音楽院、イギリス・王立北音楽院、オーストリア・グラーツ芸術大学にて研鑽を積む。

第11回江藤俊哉ヴァイオリンコンクール優勝。第78回日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)。第2回RNCMマンチェスター国際ヴァイオリンコンクール優勝、委嘱作品最優秀演奏賞。第12回カール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール第2位。

国内外のオーケストラとの共演多数。現在ソリスト、Ensemble FOVE、Amity Quartet、紀尾井ホール室内管弦楽団のメンバー、東京藝術大学音楽学部講師として東京を拠点に活動中。

スタッフ

藤井愛子(ふじい あいこ)

福井大学教育地域科学部卒業・愛知教育大学教育学研究科修了。福井大学在学時より作曲を星谷丈生に師事。第24回TIAA全日本作曲家コンクール奨励賞受賞。現在、名古屋市の中学校に勤務。